10月25日、山城町の長福寺で、泰書展が開かれました。

泰書展は、今年で17回目を数え、毎年この時期に開かれています。

今回はおよそ90点の書道作品が展示されました。

泰書展を主催するのは泰書会です。

泰書会は地元の人たちを中心に構成される、会員およそ50人の書道クラブです。

泰書展では、毎年テーマを決め、そのテーマにそった作品が展示されます。

今年のテーマは“四国霊場開創1200年に因んで”です。

展示されている作品の中でも、一際目を引くのが、“霊場神佛祈願”と書かれた大字書です。

中高生の会員6人が、一人一文字を担当し、作り上げました。

大胆な筆遣いで書かれた作品は、迫力があり、圧倒的な存在感を放ちます。

展示会では一筆一筆を大切にした作者の想いが伝わる作品が数多く展示されました。

泰書会では、今後もこの展示会を続けていきます。

関連する記事:

石井真紀

池田ケーブルネットワーク放送制作部★石井真紀です(*^^)v ある時はカメラを持って取材に出かけ、ある時はスタジオでニュースを読んだりしています♪ 三好市内を町歩きする番組“マチブラ”では、地域のお得な情報を発信中(^^ゞ!! どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m★!!

More Posts