046_7321_01046_7331_01046_7340_01

10月30日、ブラジルで開催されたラフティングの世界大会で準優勝を果たしたリバーフェイスが池田ケーブルを表敬訪問してくれました。

三好市を拠点に活動する女子レースラフティングチーム、リバーフェイスは10月16~19日に(現地時間)ブラジルのフォスドイグアスで開催されたラフティングの世界大会で、出場9カ国中、準優勝を果たしました。

チームは22日に日本に帰郷し30日に池田ケーブルネットワークを訪れ 大会を終えての心境を話してくれました。

吉岡局長からはこれまでの大会に向けての努力を知っていただけに社員全員で一生懸命応援していましたとねぎらいの言葉が述べられました。

この日は記念撮影も行われリバーフェイスは今後の更なる飛躍を誓いました。

関連する記事: