12月14日、おやこde米作り体験inにしやまの最後のプログラム、しめ縄作りが行われました。

おやこde米作り体験inにしやまは、耕作放棄地となっていた田んぼの再生や地域交流などを目的に、“西山をもっと元気にする会が”主催し、行っています。

市内外からたくさんの親子が参加し、田植えや稲刈りなど、年間7つのプログラムが用意され、最後のプログラムとなる今回は収穫した稲の藁を使って、しめ縄作りが行われました。

会員から指導を受けながら、藁を束にし、絞るように編んでいきます。

簡単そうに見えますが、なかなか会員たちのようには上手くいきません。

中にはわずか30分程で作り方をマスターした子どもも。

親子で協力しながら作業を進め、たくさんのしめ縄が完成しました。

“西山をもっと元気にする会”は、今後も地域の良さを伝えていく為、親子を招き米作り体験などを実施していきたいとしています。

関連する記事:

石井真紀

池田ケーブルネットワーク放送制作部★石井真紀です(*^^)v ある時はカメラを持って取材に出かけ、ある時はスタジオでニュースを読んだりしています♪ 三好市内を町歩きする番組“マチブラ”では、地域のお得な情報を発信中(^^ゞ!! どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m★!!

More Posts