046_1626_01 (1) 046_1632_01 (1) 046_1633_01 (1)

2月20日、池田高校の生徒から池田第一保育所に防災ずきんが贈られました。

池田高校には、3年前から防災クラブが設けられています。

災害発生時に率先して、ボランティア活動が出来る人材を育てることが目的です。

防災クラブでは、地域住民との炊き出し訓練や、避難所となっている学校の窓ガラスに飛散防止フィルムを貼るなど、様々な活動を行なっています。

2月20日には、防災クラブの生徒22人が放課後に池田第一保育所を訪れ、手作りの防災ずきんを寄贈しました。

防災ずきんは普段、座布団として椅子に敷き、いざという時にすぐ頭に被れるように作られています。

生徒は、被り方を丁寧に教えながら園児一人一人に防災ずきんを手渡しました。

池田高校の防災クラブはこれまでに、中央図書館や池田幼稚園にも手作りの防災ずきんを寄贈しています。

関連する記事: