046_1453_01 046_1459_01 046_1485_01

2月18日、東祖谷中学校でインターネット回線を利用し交流学習が行われました。

この交流学習は、インターネット回線を利用し離れた場所にいる相手と顔を見ながら話をするもので、東祖谷中学校では今回初めて行われました。

東祖谷中学校の1年生8人と交流するのは、美馬市三島中学校の1年生7人です。

きっかけとなったのは、昨年度まで東祖谷中学校で勤務し、今年度から三島中学校へ異動した岩山敦志先生です。

三島中学校では、すでにこの方法で交流学習を行なっており、岩山先生は小規模校に通う子供達同士がコミュニケーション能力を高め合うことが出来ればと考え、東祖谷中学校に依頼し、今回実現しました。

交流学習が始まると、生徒達は互いに自分達が住む地域の魅力などを紹介しました。

その中で東祖谷中学生は、自分達の地元で開催されている冬の一大イベント雪合戦について紹介しました。

初めは緊張していた生徒達も、時間が経つにつれ、徐々に緊張がほぐれていきます。

互いの気になることを聞く質問タイムでは、三島中学生からこんな質問が。

その他、学校生活や地域の特徴などについても情報を交換しました。

関連する記事: