3月27日、三好市と三好西部森林組合・東部森林組合が災害発生時における支援活動に関する協定を結びました。

三好市と協定を結んだのは、三好西部森林組合と三好東部森林組合です。

森林組合は昨年、市から要請を受け、台風による流木の撤去や、大雪による倒木の処理を行い復旧作業に大きく貢献しました。

協定書には、災害発生時、被害状況を市に報告することや、市からの要請により、森林組合が保有する資材や機材、技術者を出動させ支援活動を行うことなどが記されています。

調印式では、黒川市長と両森林組合の代表理事組合長が協定書にサインしました。

好西部森林組合の西川代表理事組合長は、人々のライフライン確保の為、支援していきたいと述べました。

市は、今回の協定締結により、両森林組合との支援体制を明確にし、災害時の復旧作業を円滑に行いたいとしています。

関連する記事:

石井真紀

池田ケーブルネットワーク放送制作部★石井真紀です(*^^)v ある時はカメラを持って取材に出かけ、ある時はスタジオでニュースを読んだりしています♪ 三好市内を町歩きする番組“マチブラ”では、地域のお得な情報を発信中(^^ゞ!! どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m★!!

More Posts