リバ1 リバ2 リバ3 リバ4

 

 

 

 

 

2017年の競技ラフティング世界大会が三好市で開かれることが決まりました。

ラフティング世界大会の開催は日本では初めてです。

世界大会を主催する世界ラフティング協会のジョー・ウィリー・ジョーンズ会長が21日、正式に発表しました。

昨年、市内のラフティングツアー業者や三好市が作る招致委員会が、世界ラフティング協会へ立候補を届け出ていました。

ジョーンズ会長は18日から徳島を訪れ、川や周辺の様子などを確認し20日と21日に開かれた全日本レースラフティング選手権大会も視察しました。

吉野川上流で2日間にわたり開かれた全日本レースラフティング選手権では世界大会出場チームが決まります。

大会には男女合わせ7チームが出場し、長距離のタイムを競うダウンリバーなど4種目に挑みました。

全ての競技を終えた後に表彰式が行われ吉野川を拠点に活動する女子レースラフティングチーム、ザ・リバーフェイスの世界大会出場が決まりました。

今年の世界大会は12月にインドネシアで開かれます。

表彰式の後には招致決定セレモニーが開かれジョー・ウィリー・ジョーンズ会長から待ちに待った発表が・・・・

これには市長も興奮を隠しきれません。

世界大会の決定にわんちゃんも大喜び。

大歩危は6月19日に国の名勝に指定するよう答申されておりラフティングの世界大会開催と合わせて今後、地域の更なる盛り上がりが期待されます。

関連する記事:

山下圭一郎

株式会社 池田ケーブルネットワーク 放送制作部 山下圭一郎 です。
主な仕事は撮影、編集、収録です。地元のヒーローを紹介する“みよしごと”を制作してます。

More Posts