妖怪屋敷1 妖怪屋敷2 妖怪屋敷3

 

 

 

 

8月1日、道の駅大歩危で妖怪屋敷夏祭りが開かれました。

妖怪屋敷夏祭りは道の駅大歩危で毎年開かれている夏の恒例行事です。

駐車場には輪投げやたこ焼きなどの露店が軒を連ねました。

また、夏祭りの日にだけお化け屋敷がオープンします。

今年のお化け屋敷のテーマは“昭和の廃墟”

突如、物陰からお化けが現れると館内に悲鳴が響き渡ります。

中には目を隠して歩く子供も。

(キャ~~~)

ほっとすると涙があふれてきました。

毎年、お化け役を務めているのは地域の人達です。

驚かすのもお手の物。

お化け屋敷の仕掛けは全て道の駅大歩危の従業員が作りました。

その甲斐あってお化け屋敷は大好評。

およそ200人が来館しました。

この日は妖怪紙芝居も上演され訪れた子供たちはお化け屋敷や紙芝居で暑い夏の夜を涼しく過ごすことができたようです。

関連する記事:

山下圭一郎

株式会社 池田ケーブルネットワーク 放送制作部 山下圭一郎 です。 主な仕事は撮影、編集、収録です。地元のヒーローを紹介する“みよしごと”を制作してます。

More Posts