東洋大生フォーラム1 東洋大生フォーラム2 東洋大生フォーラム3

 

 

 

 

8月5日、ホテルまんなかで地域の宝フォーラムが開かれました。

 

8月4日から3日間、東洋大学で観光学を専攻する学生10人が三好市に滞在し妖怪伝説を生かしたまちづくりについて学びました。

8月5日には、ホテル大歩危峡まんなかでフォーラムが開かれ四国の秘境大歩危妖怪村 村議会議員の下岡昭一さんによる講演や地域の宝をどういかすかをテーマに東洋大学の講師らによるパネルディスカッションが行われました。

パネリストの1人、工藤さんは山城町の山間部で民宿を営んでいます。

工藤さんはパネルディスカッションの中で「美しい自然すべてが地域の宝でそれらは観光客を呼びこむだけの魅力がある」とこれまでに聞いた宿泊客の意見や感想をもとに山城地域の素晴らしさを伝えました。

また、東洋大学の道畑美希講師は郷土料理のこんにゃくや豆腐を例に挙げこれらの原料が急傾斜地で栽培されていることを紹介することで料理の価値が更に上がるのではないかと地域のたからのいかしかたを述べました。

 

フォーラムの後には地域の人達を交えたグループディスカッションも行われ参加者は世代をこえて地域の魅力向上の為に意見を交換していました。

関連する記事:

山下圭一郎

株式会社 池田ケーブルネットワーク 放送制作部 山下圭一郎 です。 主な仕事は撮影、編集、収録です。地元のヒーローを紹介する“みよしごと”を制作してます。

More Posts