8月22日、池田総合体育館会議室で、第9回徳島がん対策センター公開講座が開かれました。

徳島がん対策センターは年2回程度、県内各地で、「あなたの家にかえろう」というテーマの公開講座を開いています。

第9回は三好市で開かれ、およそ100人が訪れました。

特別講演の講師は上勝町診療所の木下所長です。

テーマは“元気なうちに終活を始めよう。

“終活”とは、「人生の終わりのための活動」の略であり、人生の終わりをより良いものとするために、事前に準備を行うことです。

もしものときに備え、葬儀の形式や墓の準備、遺産相続などについて自分の希望をまとめておきます。

終末期医療の希望については、あらかじめ自分の要望を明記できる事前指示書で、残された家族に自分の意思を伝えることが出来ます。

現在は多くの医療機関で、本人の思いと関係なく、延命治療が行われています。

木下所長は、自らの人生の最後を考えることで不安になるのではなく、今の自分を見つめ直し、今をよりよく生きるために活動して欲しいと話しました。

講演の後は、グループに分かれ、実際に事前指示書を書きます。

指示書の中には、病気などで意識の回復が見込めない状態になった場合の具体的な治療方法が記されています。

参加者は話し合いながら、自らが希望するものにチェックをつけました。

 

徳島がん対策センターでは、県民を対象に今後も県内各地で公開講座を開く予定です。

 

関連する記事:

石井真紀

池田ケーブルネットワーク放送制作部★石井真紀です(*^^)v ある時はカメラを持って取材に出かけ、ある時はスタジオでニュースを読んだりしています♪ 三好市内を町歩きする番組“マチブラ”では、地域のお得な情報を発信中(^^ゞ!! どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m★!!

More Posts