9月28日、三好高校敷地農場で三好高校生が上名・政友保育所の園児と一緒に栗拾いをしました。

高校生と園児の交流を目的に、三好高校では毎年園児と一緒に栗拾いを行っています。

今年は初めて山城町の上名保育所と政友保育所の3歳~5歳児、合わせて11人が参加しました。

農場内の果樹園には、甘く大きな実をつける品種“銀寄(ぎんよせ)”の木が26本植えられています。

イガでケガをしないように、足でおさえ、慎重に中から栗の実を取りだします。

 

先生が栗の木をゆすると・・・?たくさんの実が落ちてきました。

 

およそ1時間で、4kgほどの栗が収穫出来ました。

 

この日収穫した栗は、袋詰めされ、園児たちが持ち帰りました。

関連する記事:

石井真紀

池田ケーブルネットワーク放送制作部★石井真紀です(*^^)v ある時はカメラを持って取材に出かけ、ある時はスタジオでニュースを読んだりしています♪ 三好市内を町歩きする番組“マチブラ”では、地域のお得な情報を発信中(^^ゞ!! どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m★!!

More Posts