三好市来年度当初予算案★ニュース

(取材日:2月15日、取材地:三好市役所)

三好市の来年度当初予算案の総額は、243億6千万円で、2016年度に比べて2億1千万円、率にして0・9パーセントと2年連続の増加です。

その主な要因は、三野芝生公営住宅建設事業やサンライズビル改修事業、ラフティング世界選手権大会補助金を計上したことが上げられます。

(取材:岡本)

アジアツアー大会開催決定★ニュース

(取材日:1月31日、取材地:池田総合体育館)

今年の5月から9月までの4か月間、ウェイクボードのアジアツアー大会が開かれます。

大会は中国や韓国など5つの会場で開催され、日本では三好市の池田ダム湖で7月28日から30日までの3日間、第3戦目が行われます。

観光団体や市の職員が出席した大会実行委員会でアジアウェイクボード協会の薄田克彦会長が大会の概要を報告しました。

(取材:岡本)

遊んで学べるアプリ作成★ニュース

(取材日:1月19日、2月1日 取材先:山城町周辺)

下名小学校の児童らが、地元山城町を紹介するアプリを作りました。

遊び感覚で山城の妖怪を知ることができます。

山城に行った際には是非、アプリをインストールして試してみてください。

目指せ!!妖怪マスター!!

(取材:辺見)

お試し住宅利用開始★ニュース

(取材:1月25・26日、取材地:池田町州津・マチ)

三好市は人口が2040年には今の半分以下になると予測していて、特に移住を促す取り組みに力を入れています。

お試し住宅は、三好市に移住を検討している40歳以上の人が対象で最大1週間まで滞在することができます。

(取材:岡本)

ハッサクの出荷始まる★ニュース

(取材日:2月9日 取材地:JA阿波みよし三野選果場)

三好市三野町の特産品、ハッサクの出荷作業が始まりました。
今年はやや小ぶりですが、味と香りがぎゅっとつまったハッサクに仕上がりました。

(取材:石井)

大歩危・祖谷温泉郷 春節祭★ニュース

(取材日:1月29日 取材先:大歩危・祖谷)

「春節」の連休を利用して三好市に訪れるアジアからの観光客を日本の正月文化でもてなそうと大歩危・祖谷地区の宿泊施設などが協力し春節祭を開きました。

冬の魅力を伝えるために色々な企画を用意していました。

(取材:辺見)