[特集] 森のくまさん

西祖谷のかずら橋近くにオープンしたカフェ「森のくまさん」。
西祖谷に本格的なカフェが出来たのは今回が初めてです。

店主の前田さんは、調理員として働いた村内のホテルをこの春、退職。
2年前まで空き店舗だった店を改装し、観光客に喜ばれるカフェを9月1日にオープンしました。

代表的なメニューはホットサンドとスムージー。
ホットサンドには地元で獲れたほどいもを。
スムージーには地元でとれた日本ミツバチのハチミツを使っています。

店の名前はハチミツにちなみ、「森のくまさん」と名付けました。

前田さんは、このカフェを観光客だけでなく地元の人たちも気軽に寄れる憩いの場にしたいと考えています。

今回の特集コーナーでは西祖谷にはじめて出来た本格カフェ「森のくまさん」を紹介します。

敬老会

今年も三好市では9月8日から10月13日にかけて市内29地区で敬老会が行われています。多くの来賓から祝いの言葉が述べられた後、宴会が始まり参加者らは久しぶりに顔を合わす友人達と思い出話に花を咲かせ、会場は盛り上がりを見せていました。

[特集] 妖怪モニュメント

数多くの妖怪伝説が残る山城町上名地区には、木で作られた14体の妖怪モニュメントが設置されています。

山城町の住民団体、四国の秘境山城・大歩危妖怪村のメンバー7人は今年の8月上旬から新たに14体の妖怪モニュメント作りに励んでいます。

メンバーは、妖怪村村長の宮本敬さんを筆頭に八十八体のモニュメントを作り、妖怪八十八箇所巡りの実現を目指しています。

今回の特集コーナーでは、四国の秘境山城・大歩危妖怪村が取り組む妖怪モニュメント制作の模様をお送りします。

自主防災大会

三好市中央公民館池田分館が主催する自主防災大会は、災害時の対応能力向上等を目的に毎年開かれています。講演では地震発生の仕組み等が説明され参加者は防災に関する知識を再確認することができたようです