[特集] ふらっとスクエア

池田町の駅前通りに誕生した広場『ふらっとスクエア』。
ふらっとスクエアは、三好市で初めて官民が協力して作り上げた広場です。
1,000㎡の広場には、花や芝生が植えられ、ベンチや水飲み場も設置されています。
また、中心地の広場としてだけでなく、災害時には防災公園としての役割を担います。

広場の管理は地域住民で組織する協同組合阿波池田駅前商店街が市から委託を受けて行っています。
このようなケースは三好市では初めてです。

ふらっとスクエアは今後、官民が協力し、市民が気軽に立ち寄れる憩いの場として、また中心地の活性化の為に有効活用できる場として多くの人に親しまれる広場を目指しています。

阿波おどり本番に向けて

今年も前夜祭を含め8月13日から16日までの4日間、いけだ阿波踊りが開催されまちは踊り一色に染まります。本番を前に市内各地で踊り子たちの練習に熱が入っています。今年は、いけだ観光連の1つであるゑびす連にお邪魔しました。

井川町納涼祭

井川納涼祭は、30年以上続く地元の恒例行事で地域活性化や夏の暑さを忘れて楽しむ事を目的に開かれています。会場では、バザーやビンゴゲーム大会、阿波踊り、福投げが行われ盛りだくさんの催しで、多くの人が賑わいました。

慶祝訪問

7月22日に下川みさをさんが、7月28日に石井サワヱさんが満100歳を迎えられ、慶祝訪問が行われました。三好市ではお2人を含め、100歳以上の方が36人となりました(平成25年7月29日現在)

[特集] 新市長誕生

7月21日執行、三好市市長選挙で新市長は黒川征一市長に決まりました。
今回の特集コーナーでは、暑い夏の選挙戦と新市長誕生までをお送りします。

当日有権者数25,594人。投票率75.13%
市長選に出馬したのは、黒川征一氏、武川修士氏、喜志久氏です。
開票の結果9,555票を獲得した黒川氏が296票差で武川氏を破り市長に初当選しました。
 
市長の任期は平成25年7月24日から4年間です。
 
人口減少に伴う税収及び、地方交付税の減税による三好市の自主財政難など課題が山積する中舵取り役を任された黒川征一市長。
新市長の動きに市民の関心が高まります。

消防士、綱渡り訓練

みよし広域連合の職員はGW明けから救助技術を競う四国地区救助技術指導会に向け訓練に汗を流しました。みよし広域連合は今後も高い訓練で練習を重ねよりよい住民サービスに繋げていきたいとしています。

三好支部少年剣道大会

今年で4回目となる三好支部少年剣道大会が開かれ小中学生合わせておよそ50人が出場しました。今大会は、8月10日に開かれる徳島県防犯少年柔道剣道大会の予選も兼ねており、7人の選手が次の大会の出場資格を手にしました。