看護週間イベント

5月12日は看護の日。12日を含む1週間を看護週間。三好病院では、看護について広く知ってもらおうと看護週間イベントを実施し、健康チェックやマッサージで訪れた人たちの心と体をケアしていきました。

交通安全教室

5月は県の自転車マナーアップ強化月間。それに合わせ市内で1番自転車通学の多い辻高校生18人が通勤中のドライバーや通学中の生徒らに交通安全を呼びかけました。

蔦文也杯争奪大和チャレンジカップ

3度の甲子園制覇を遂げ全国の野球ファンを虜にした池田高校元野球部の蔦文也監督の功績を記念して開かれている蔦文也杯。毎年中学生を対象に開かれていましたが今年から蔦文也杯争奪大和チャレンジカップと名付けられた小学生の部も開催となりました。

[特集] ほっとかない事業

高齢化が進む三好市では、車を持たない高齢者のみの世帯が多く、たくさんの人が買い物に不自由さを感じています。『障害者が繋ぐ地域の暮らしほっとかない事業』は障害者が過疎集落に住む高齢者の買い物の手助けや安否確認を目的とした県のモデル事業です。移動販売車で、箸蔵地区の過疎地域に住む高齢者に食品や生活用品などを届けると共に会話し、コミュニケーションを図ります。今回は、高齢者の生活の利便性の向上、心の支えとして大切な役割を担う『ほっとかない事業』を紹介します。

吉野川水防演習

洪水時における関係機関との連携などを図る為の水防演習が行われ、44団体およそ600人が参加し、土砂崩れ等による対策工や電力の復旧、搬送・救護訓練が実施されました。

ツール・ド・にし阿波

第4回ツール・ド・にし阿波が開かれ700人を超える自転車愛好家が県内各地から集まりました。コースはショートコース、チャレンジコース、チャンピオンコースの3つ設けられ参加者は各コースで三好市の自然を駆け抜けました。

池田高校開校記念講演会

池田高校開校を記念する講演会が行われ三好市出身で歌手や俳優として活躍している今井ゆうぞうさんが講師として招かれました。今井さんは学生時代を振り返りながらアドバイスをし、進路を考える生徒達にとって意義深い講演となりました。

交通安全教室

白地小学校では、児童らに交通安全に関する知識を高めてもらうため毎年交通安全教室を行っています。児童らは運転手が分かりやすいよう反射材がついた黄色い帽子を被り、通学路で横断の練習をしました。

[特集] 剣山山開き

4月29日、西日本第2の高峰として知られる剣山で山開きが行われ関係者70人が集まり神事や神輿かつぎで登山の安全を祈願しました。神事が終わると早速、頂上を目指しました。剣山は、遊歩道も整備されていてとても登りやすい山です。この日は天候に恵まれ、山頂からの見晴らしもよくジロウギュウもはっきりと見る事ができました。今回は、剣山山開きの様子と山の風景をお送りします。

GWで賑わうかずら橋

国の重要文化財にも指定されている祖谷のかずら橋は毎年多くの観光客が訪れ賑わいをみせています。かずら橋は全長45m水面からの高さは14mあり訪れた人は橋のスリルと同時に新緑や祖谷川の流れを眺めながら祖谷の自然を感じていました。