桜ヶ丘公園さくら祭り

会場となる三好市井川町の桜ヶ丘公園はソメイヨシノやしだれ桜など15種類の桜が約250本植えられており市内でも名所の1つとなっています。祭りではバザーや阿波踊りの披露、無料で足湯ができるスポットも設けられ多くの来場者で賑わいました。

春の交通安全運動

県内では平成25年度4月の時点で交通事故死亡者数が14人報告されその内約8割が高齢者による事故です。春の交通安全運動に合わせ三好警察署らは三好老人クラブ連合会の会員に呼びかけ高速道路の危険性やトラブルの対処方法を説明する交通安全教室を開きました。

[特集] 東祖谷認定こども園

三好市初の認定こども園として県から認定を受けた東祖谷認定こども園は、平成25年4月1日より運営を開始しています。認定こども園とは幼稚園と保育所の機能を活かし、『教育』、『保育』、『子育て』を総合的にサポートする施設です。また、認定こども園では、地域における子育て支援も行い子どもが通園していない家庭でも全ての子育て家庭を対象に、子育て不安に対応した相談や、親子の集いの場などを提供します。

こいのぼりお目見え

三好市山城町の景勝の地、大歩危では毎年3月末から5月末にかけておよそ150匹のこいのぼりが飾られています。渓谷を吹き抜ける風に泳ぐ姿が美しく、遊覧船乗り場には多くの観光客が列を作り川面から高さ20メートルに飾られたこいのぼりと渓谷を楽しんでいました。

辞令交付式

平成25年度の節目となる3月29日には三好市役所を退職する職員26人の辞令交付式、4月1日には新年度を迎え、新規採用職員や人事異動に伴う市の幹部職員の辞令交付式が行われました。

三好交通安全大学校

地域の交通安全啓発リーダーを育成する三好交通安全大学校第4期生の卒業式が開かれました。卒業後も、学校の卒業生で結成される「三好交通安全守り隊」の一員として、地域の人の交通安全指導など今後も交通安全啓発運動に努めます。