ウエイクボード世界大会★ニュース

(取材日:2月24日 取材先:三好市庁舎前)

2月24日、三好市庁舎前で水上スポーツ ウエイクボードの世界選手権開催決定記念セレモニーが開かれました。

大会は2018年8月30日~9月2日の4日間で行われおよそ30カ国から200人が出場する予定です。

(取材:提供、四国放送 撮影、岡本 編集、辺見 )

ユース女子がメンバー募集★ニュース

(取材日:2月26日、取材地:吉野川中流域)

今年の10月に吉野川上流域で開催されるラフティング世界選手権大会。

市内の高校に通う生徒を中心に結成された三好ラフティングチームは19歳以下のユース部門出場に向けて練習に汗を流しています。

しかし、女子チームはメンバー不足のため、このままでは大会に出られません。

今、世界の舞台を目指すメンバーを募集しています。

(取材:岡本)

 

三好市来年度当初予算案★ニュース

(取材日:2月15日、取材地:三好市役所)

三好市の来年度当初予算案の総額は、243億6千万円で、2016年度に比べて2億1千万円、率にして0・9パーセントと2年連続の増加です。

その主な要因は、三野芝生公営住宅建設事業やサンライズビル改修事業、ラフティング世界選手権大会補助金を計上したことが上げられます。

(取材:岡本)

アジアツアー大会開催決定★ニュース

(取材日:1月31日、取材地:池田総合体育館)

今年の5月から9月までの4か月間、ウェイクボードのアジアツアー大会が開かれます。

大会は中国や韓国など5つの会場で開催され、日本では三好市の池田ダム湖で7月28日から30日までの3日間、第3戦目が行われます。

観光団体や市の職員が出席した大会実行委員会でアジアウェイクボード協会の薄田克彦会長が大会の概要を報告しました。

(取材:岡本)