名頃かかしの里祭り★ニュース

(取材日:10月1日、取材先:三好市東祖谷 名頃地区)

10月1日、東祖谷の名頃地区で「名頃かかしの里祭り」が開かれました。

祭りは、過疎化が進む地域を盛り上げようと、名頃かかしの里祭り実行委員会の主催で2012年から毎年開かれています。

 

(取材:奈須)

JAZZフェスタIN祖谷★ニュース

161001%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ba%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf00000000

(取材日:10月1日、取材地:東祖谷 武家屋敷「旧喜多家」)

演奏したのは、東京都を中心に活動するジャズバンド「大井貴司&スーパートリオ」です。

スペインの情熱を表現したオリジナル曲「マジョルカ」など計10曲を披露しました。

(取材:岡本)

地域の防災を考える会★ニュース

(取材日:11月27日 取材地:東祖谷郷土文化保全伝習ホール)

11月27日、東祖谷京上の郷土文化保全伝習ホールで地域の防災を考える会が開かれました。

東祖谷では、平成16年8月に名頃地区で、平成23年に奥ノ井地区で土砂災害が発生しています。

地域の防災を考える会は、東祖谷の住民に防災の意識を高めてもらおうと、国土交通省四国山地砂防事務所と市の主催で初めて開かれました。

参加したのは、各地区の自治会長などおよそ30人です。

会では、四国山地砂防事務所の職員から近年の土砂災害の事例が紹介されました。

その後、参加者は5つのグループに別れ、災害が起きた場合の対処方法について話し合いました。

チェーンソーなどの資機材をどのように用意するかや素早い避難が難しい高齢者を支援する体勢などを確認します。

四国山地砂防事務所は今回出た意見を集約し、東祖谷地区の土砂災害に備えたハザードマップを作成します。