企業情報・沿革

地域インフラとして

有限会社池田ケーブルテレビから株式会社池田ケーブルネットワークへ

企業情報

当社は昭和62年5月より(現)株式会社池田ケーブルネットワークの前身でもある有限会社池田ケーブルテレビを池田町大利で設立。平成13年より有限会社池田ケーブルテレビから株式会社池田ケーブルネットワークとなり地域インフラとして運営するために翌年旧池田町の第3セクターとなりました。

テレビ再送信事業やインターネットサービスを時代とともに進化させながら、15年以上地域のインフラ事業者として役割を理解し安定的サービスを提供してまいりました。

放送業務では市内情報を中心としたコミニティ番組の制作からウォータースポーツ世界大会の中継事業まで幅広く展開してまいりました。同時に地域コンサル事業や貢献事業等にも積極的に携わりました。

当社はケーブルテレビを通じ同じ志を持つたくさんの仲間と出会い、そして人と地域とつなげる企業として成長してきました。

㍿池田ケーブルネットワークは、今後も人と地域をつなげ必要とされる企業として邁進いたします。

当社のロゴは人と地域のつながりや企業としての成長等をイメージをしたロゴとなっております

「人の繋がり」「地域の繋がり」「成長と未来」「結束とご縁」「持続性と継続性」

沿革
1987年5月池田町大利で有限会社池田ケーブルテレビ設立
1993年 3月池田町ウエノに本社移転
2001年 9月社名変更し有限会社池田ケーブルテレビから株式会社池田ケーブルネットワークへ
2002年 1月旧池田町出資により第三セクターになる
2002年 4月インターネットプロバイダーとして最大100Mbpsサービスサービス開始
2011年 4月合併後三好市エリアケーブルテレビ事業の指定管理者として認定
2014年 2月旧池田町で光ファーバー網を敷設し三好市全域でFTTHとなる
2014年 4月池田町エリアでインターネットサービス最速1Gbpsを提供開始
2016年 4月三好市よりケーブルテレビ事業の指定管理者2期目更新
2017年 4月 株式会社STNet社と業務提携し、インターネット・電話セットのピカラ提供開始
2017年10月ラフティング世界選手権2017の生中継事業を世界初めて実施
2018年 9月WWAウェイクボード世界選手権大会2018の生中継事業を世界初めて実施
2018年 9月第 44 回 日本ケーブルテレビ大賞 グランプリ 総務大臣賞を受賞
2019年7月三好市全域でピカラサービスを開始